TEAM
チーム紹介

目標

リーグ戦ブロック昇格


活動方針

「未経験者も卒部までに70台で回れるゴルファーに」


「学生競技ゴルフを通じてマナー・人格教育を行い、世界で活躍する人材を育成する」


東大ゴルフ部の魅力

ゴルフというスポーツはその競技形式の特性から個人スポーツというイメージが強いと思います。ボールのライやカップまでの距離、風、グリーンの形状など状況を正しく判断し、最適なスイングを選択し、実行する。これら全てを自分一人で行わなくてはいけません。プレー中は共に戦うチームメイトも指示を出してくれる監督もいません。 プロスポーツとしてのゴルフの大会もライダーカップやプレジデンツカップなど一部の特殊な大会を除いて、全て個人戦となります。しかし、カレッジスポーツとして最も重要な大会であり、春と秋に開催されるリーグ戦は、大学対抗の団体戦で行われます。 部を代表して、大学の名を背負って戦うリーグ戦では、他の大会とは異なり、独特の空気感のなかでプレーすることになります。一打一打にかかるプレッシャーは個人戦のそれをはるかに凌駕します。 しかし、仲間と共に戦う団体戦では喜びも悔しさも何倍にも大きくなります。大学のゴルフ部に所属しなければ、他人のプレーにこれほど一喜一憂し、自分のプレーで誰かを一喜一憂させる経験はできないでしょう。


東京大学ゴルフ部は、所属する関東ゴルフ連盟において、推薦を取らない大学の中で最も上位の部活です。通常ゴルフは競技年数が実力に大きく影響しますが、当部では経験者・未経験者問わず努力を重ねた者が部活の代表としてリーグ戦に出場し、他大学の代表選手と鎬を削ります。多くのゴルフ関係者の方々の協力の下、当部が使用することのできる充実した練習環境が現在までの実績を生み出してきました。